山口県下関市の結婚指輪(マリッジリング)、婚約指輪(エンゲージリング)、オーダーメイドジュエリー | Shimizu輪工房(432リンコウボウ)

山口県下関市の結婚指輪、婚約指輪
オーダーメイドジュエリー専門店

William-Lenny Diamond (ウィリアムレニーダイヤモンド)

William-Lenny Diamond
見た目で判断できてしまうほどの強い輝きは、一般的な高品質ダイヤモンドの約4倍ともいわれる反射面積によるものです。
「究極の輝きと美しさ」を直にお客様ご自身の目で確かめていただき、本当に美しいと思えるダイヤモンドをお手にとって いただくことが、最もすばらしいことだと、わたしたちは考えます。


William-Lenny Diamond とは

William-LennyDiamond(ウィリアム・レニーダイヤモンド)は、 カナダ在住の ダイヤモンド研究家John.Y.Kodama 氏が発明し、 アメリカの世界最高ランクのダイヤモンドカッターWilliam Warthling 氏と著名なジュエラーであるLeonard J.Strnad氏 がプロデュースした、美しい輝きを放つダイヤモンドです。

Crown-K-Cut により、見た目で判断できてしまうような強い 輝きが大きな魅力です。 その明るさは一般的な高品質ダイヤモンドの約4倍ともいわれる 反射面積によるものです。



William-Lenny Diamond一般的に理想的なカットと言われるダイヤモンド(左)と、William-Lenny Diamond(右)のレーザーによる反射実験の画像。
 “Crown-K-Cut”を施すことにより、理論値で4倍も明るい輝きとなります。



一般の高品質ダイヤモンドで約100年間用いられてきたカット数値 の角度を見直し改良したことで、円形に仕上げられたダイヤモンド の隅から隅まで入射光が全反射し、従来品よりもはるかに白く強く 輝きます。

あまりの存在感と輝きによって、直径面積が同じ重量の高品質ダイヤ モンドよりも一回り大きくみえることが容易に確認出来ます。


William-Lenny Diamond

“William-Lenny Diamond”の反射面は理論値で“一般的で理想的なダイヤモンドカット”の 4倍の面積になっています。


ダイヤモンドの選び方

William-Lenny Diamond お客様にとってダイヤモンドを選ぶことはとても難しいものです。
大きさや品質、そして価格。
どのようなダイヤモンドを選べば間違いがないのか…
それは、なるべくたくさんのダイヤモンドをお客様ご自身で、徹底的 に観察することだと考えます。

ほとんどのジュエリーショップで、ダイヤモンドの接客を受ける際、 必ず、「4C」というダイヤモンドの品質基準が説明されます。
しかし「4C」はあくまで専門業者がダイヤモンドを選別するための 目安であり、一般のお客様に「美しさ」を保証するような定義として 存在するものではありません。

「4C」の最高峰であるトリプルエクセレントのダイヤモンドよりも、その一段階下のグレードであるベリーグッドのダイヤモンドの ほうが明らかに強く輝くことだって特別なことではないのです。
このことは、「4C」を考案した米国宝石学会(GIA)も公に認めています。

営業カレンダー



八兵衛
下関名物ふぐ料理、博多もつ鍋、関東風すき焼き、焼鳥をお手頃な価格でご提供。


Shimizu 輪工房


山口県下関市のブライダルジュエリー専門店

〒750-0019
山口県下関市丸山町4-8-22
TEL:083-242-1913
E-mail :info@shimizu-rin.com

↑ PAGE TOP