Shimizu輪工房
 
店舗案内 アクセス スタッフブログ お問い合せ
ふたりの誓いをカタチに・・・

   

1913年創業“株式会社清水時計店”がプロデュースする
ブライダルジュエリー専門店 Shimizu 輪工房

素材へのこだわり
ゴールドやプラチナだけではなく、高い技術でなければ加工が難しい
とされる新素材『パラジウム』や『チタン』なども採用しております。

 

製法へのこだわり
一生身に着けていくリングだからこそ、『強度』と『着け心地』を重視し、
何度も強い圧力を加え、鍛えながら造る『鍛造製法』にこだわります。

 

手彫りへのこだわり
機械での装飾が主流となったいま、敢えて手彫りにこだわり、
気品ある日本の伝統工芸の継承を図り続けています。

 

空間へのこだわり
これまでのジュエリーショップの概念とは一線を画す店内は、
すべて手づくりにこだわった、木の温もり溢れる癒しの空間。

 

大量生産に興味は無い 流行りは追わない ブランドを卒業した方へ・・・

あなたとあなたの大切な人のために、ひとつひとつ心を込めておつくりします。

 

手彫り
〜ダイヤモンド〜 William-Lenny Diamond
手彫りの風景 William-Lenny Diamond 反射実験の様子
▲熟練職人が一本ずつ、丁寧に手彫りを施していくにより、世界にひとつしかない指輪が生まれます。 ▲機械任せではなく、天才ダイヤモンドカッターにより Crown-K-Cutが施されたダイヤ(右)と従来のダイヤ(左)の反射比較実験

〜自社工房〜

自社工房の様子

当店のオーダーメイドは、『強度』と『着け心地』にこだわります。


鍛造(たんぞう)製法


鍛造とは、読んで字のごとく“金属を鍛えながらつくる”製法の事です。

金属には、熱して叩いたり伸ばしたりする事で硬くなるという性質があります。

時代劇などで刀鍛冶が、真っ赤になるまで熱した金属を叩きながら、日本刀を作っているのを見たことありますよね。


金属を熱して叩く。


その工程を何度も繰り返し行うことにより、金属内部の“ス(空洞)”が無くなり金属はどんどん締まっていきます。

鍛えられた金属は、型に流し込む製法(※鋳造)に比べ、強度が格段に優れ、また表面が滑らかで着け心地もよく美しい仕上がりになります。



鍛造は鋳造(※)に比べ、高い技術と莫大な手間がかかります。


しかし、一生に一度の大切な結婚指輪が簡単に変型してしまったり、

婚約指輪からダイヤが落ちてしまったら・・・。


そんな思いから、Shimizu 輪工房では昔ながらの製法にこだわり、

熟練の職人により一つひとつ丁寧につくり上げています。

 

 

オーダーメイドリングはこちらから


 

※鋳造(ちゅうぞう)とは
キャストイメージ

現在の宝飾品のほとんどが、この“鋳造”によりつくられています。


一般的に“ワックス製法”、“キャスト製法”と呼ばれる、この“ロストワックスキャスティング法”は、手間がかからず大量生産でき、一般の方でも手軽に製造できるので人気です。


手間がかからず低コストでできる反面、内部に“ス(空洞)”が出来やすく、表面も滑らかでなく、軽く、地金の密度が低いため変型しやすいというデメリットもあります。

 

商品紹介


 
ホームに戻る

Copyright(C)2007 Shimizu RIN kobo All rights reserved.